徒然weed

アウトプットの場

システム情報学専攻院試H26第4問

前回に引き続き東京大学情報理工学研究科システム情報学専攻の過去問からです。平成26年の第4問です。

「順序回路」に関する問題です。順序回路とは過去の入力履歴を内部状態として保持する論理回路です。順序回路は一般に入力の集合X、状態の集合Q、出力の集合Z、状態遷移関数(Q×X→Q)δ、出力関数ωで定義されます。

簡単な例で言うと自動販売機などです。飲みたい飲み物が150円だとして現在100円まで入れている状態だとします。次に50円を入れて飲みたい飲み物が出てきたとします。この例では100円を入れていた「状態」から50円を入れるという「入力」、飲み物という「出力」と考えられます。また、2回目も100円を入れた場合は出力が飲み物+お釣りということになります。

出力関数の形に関してω:X×Q→Zの形を持つ順序回路はミーリー型と呼ばれ、出力関数が入力Xに無関係にω:Q→Zの形を持つ順序回路はムーア型と呼ばれます。全ての順序回路はどちらの形式でも表現できますが、ムーア型の場合には出力を内部状態だけで区別できるため、一般にミーリー型より内部状態数が多くなります

以下、ガバガバな答案を投げます。

f:id:shintaro-football7:20190606001043j:plain



 またしても手書き...お許しを...。個人的には(3)、(4)はちょい難しい...

次回は同じ年の制御論の問題を解きたいと思います。

以下余談。

先日TOEICを受けましたが875点と目標の900点獲得ならず。トイレ我慢をせず、かつリスニングを対策すれば(←言い訳すんな、実力だろ)次は900いけそうな気がしますが院試はTOEFLなのでまずはそれの勉強をします。院試が終われば11月にある「統計検定1級」を受けたいと思います。

 

本日のおまけ

Ed Sheeranすんげえメロディーメーカー。

www.youtube.com