徒然weed

アウトプットの場

ゆる〜く統計学4章「正規分布に関する検定」

f:id:shintaro-football7:20191028234754j:plain
今回は第4章ですが正規分布に関する検定にフォーカスします。

日本統計学会公式認定 統計検定1級対応 統計学

日本統計学会公式認定 統計検定1級対応 統計学

  • 作者: 二宮嘉行,大西俊郎,小林景,椎名洋,笛田薫,田中研太郎,岡田謙介,大屋幸輔,廣瀬英雄,折笠秀樹,日本統計学会,竹村彰通,岩崎学
  • 出版社/メーカー: 東京図書
  • 発売日: 2013/04/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
以下、第4章の練習問題の改題から。
【例題】
正規分布N(\mu:16)から取られた大きさnの無作為標本の標本平均を\overline{X}とする。\overline{X}を統計検定量として、帰無仮説H_0:\mu=0を対立仮説H_1:\mu>0に対して検定したい。ここで検定の有意水準は5%。
ただし標準正規分布の上側5%点z_{0.05}および10%点z_{0.10}の値は、それぞれ1.645と1.28。
(1)検定の棄却域を\overline{X}>cとする時、定数cの値をnを用いて表せ。
(2)\mu=1における検出力を0.90以上とするためには、nの値はいくつ以上でなければならないか。f:id:shintaro-football7:20191108230519j:plain


だんだん卒論が忙しくなってきました。ブログの更新ペースを少し落とします。🙏

本日のおまけ